Que sera sera

研究生活に関する備忘録。

【アメリカ】運転免許

Wisconsin Driver's license申請に必要な書類(J1 scholar)

・Proof of temporary visitor status (DS2019)

 計12ヶ月以上滞在する場合、かつそのうち残りの滞在期間が6ヶ月以上の場合のみ有効

・Proof of name and date of birth

 パスポートおよびI-94

・Proof of identity

 Social Securyty card (or W-2 form)

・Proof of Wisconsin residency

 電気代の領収書など(within the last 90 days)

・SSN

Kaleida Graph_MEMO

・プロットするデータを選択する際、回帰曲線のデータを先に選択すると、測定データのエラーバーが最前面に表示される

・プロットオプションからエラーバーのキャップの長さを変更可能

J VISAの更新

DS2019のrenewalに際し、次回の帰国時にJ1および妻のJ2ビザを更新する予定。

以下、手順のメモ。

 

1. 所属先からDS2019を入手する。

 

2. オンラインでDS160を作成する(J1・J2個別に作成)
前回の申請データを呼び出し、それをもとに新しい申請書を作成することが可能

https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/nonimmigrant-visas-ja/ds-160-ja/retrieve-recover-form-ja/

 

***質問事項の日本語訳については以下を参照

http://visa-for-foreigners.blogspot.com/2012/09/ds-160_27.html

 

***申請方法などは以下を参考

https://ameblo.jp/mermaid-twinkle-love/entry-12241652188.html

 

 

3. 

Python_MEMO

Python codeの走らせ方

(1) Terminalを起動する。

(2) 参照先フォルダを指定する。cd (= change directory) + 半角スペースと打ち込んだ後、指定フォルダをドラッグ&ドロップすれば参照先フォルダを変えることが可能。その状態でEnterを押すと、以降の作業はドロップしたフォルダ内で行われる。

 

 

以下、コマンドメモ。

 

subplot(xyz)

a = 行数、b = 列数、c =配置箇所

例: ax1 = plt.subplot(211)

縦2 x 横1の図スペースの1番上にax1をplotする。 

 

np.ones*1

len(要素) = 要素数。例えば要素数=2であれば、上記は2x1の2次元配列を意味する。

 

 

XMg とsubscriptしたい場合は

$X_{Mg}$

*1:len(要素), 1

データ処理

 

回帰分析

ある1つの独立変数によって従属変数の値を予測することを単回帰分析といい、2つ以上の独立変数によって従属変数値を予測することを重回帰分析という。両者ともに独立変数と従属変数の間に線形の関係があることを仮定していることに注意。